間違えた育毛方法

やってはいけない育毛方法

薄毛の悩みから解消されるため日々、ヘアケア行い正しい薄毛予防をしていると思い込んでる人にありがちな間違えた育毛方法について説明していきます。薄毛悩みから解消されるため坊主頭になる人、高額な育毛剤にお金を費やしたが効果がなかった人、薄毛は遺伝のせいと諦めている人達の薄毛予防、育毛対策は正しかったのか?やってはいけない薄毛予防について紹介します。

もし、ご自分の薄毛予防が該当していれば今から改善を検討してみてください。

必要以上にシャンプーをする人

頭皮を清潔に保つ、皮脂を徹底的に落とすために必要以上にシャンプーで洗髪する人がいます。残念ですがシャンプーのやり過ぎはNGです。確かに皮脂を落として頭皮を清潔に保つのは薄毛、育毛に必要ですが皮脂は頭皮を保護する役目もあるので皮脂全てを洗い落とすと頭皮をガードする膜は失われてしまいます。

皮脂の役目は頭皮の保護ですが例えば太陽からの日差しから頭皮を守る、外部からの頭皮への刺激から守るなどの働きがあります。シャンプー回数の目安は多くても1日2回、例えば朝と夜、または1日1回で充分です。

皮脂が多くて髪の毛がベトベトして気持ち悪いという人には頭皮への刺激が少なく保護する働きもあるアミノ酸シャンプーを使ってみると良いでしょう。

髪の毛のシャンプーで気をつけてほしい点は力まかせにゴシゴシと頭皮を洗わないこと、皮脂を落とすのに力を込めて洗う必要はありません、力を込める(指先でもみほぐすように)のは洗髪後の頭皮マッサージのときで充分です。頭皮を洗っているときに力をこめて洗うと爪などで傷がつきやすく、傷ついた箇所から炎症が広がる可能性もあります。

すすぎ不足のシャンプーではダメ

忙しい人や雑な洗髪をする人に多いのがシャンプーのすすぎ不足です。泡立てれば頭皮の汚れが落ちると誤った認識でシャンプーしているのかもしれませんがお湯で泡を流すだけでは本当のシャンプーとは言えません、泡を洗い流したあとにぬるめのお湯を時間かけて頭皮に残ったシャンプーやリンスに含まれている成分を落とします。育毛用シャンプー以外の市販品シャンプーは髪の保護や手触りの良さを保つために植物性オイルや動物性オイルを配合しています。

そういった類いのシャンプーは薄毛、育毛予防の人に適したシャンプーではありません。むしろシャンプー後のすすぎ不足でオイルが毛穴につまり綺麗にしたはずの毛穴が再びつまる原因にもなります。すすぎは充分すぎるほどやっても問題はありません。すすぎの時も指先に不必要な力をいれずに不必要な成分を洗い落として下さい。

高価な育毛剤も使い方を間違えては意味がない

高額な育毛剤、薄毛用シャンプーを使ってる人の中には誤った使用方法でわざわざ効果を出しにくい状況を作り出す人もいます。使用方法通りにシャンプー、育毛すれば問題ないのに自己流アレンジを加えてします人。

洗髪を雑に行った後に髪の毛を乾かさずに育毛剤をまんべんなく塗布してドライヤーをかける人、シャンプーは丁寧なのに育毛剤の塗り方が下手な人、育毛剤を塗布した後のマッサージをやらない人など育毛用シャンプーと育毛剤の組み合わせを上手に扱えないのは本当にもったいないことです。

最もおおい失敗パターンは組み合わせが悪いシャンプーと育毛剤をつかってることです。シャンプーはアミノ酸系で頭皮への刺激は弱く弱っている頭皮を保護しているのに育毛剤はアルコール系配合の刺激が強くアルコールの脂が残りやすいものを使う。これでは汚れを落としたのにまた汚れをつけるのと一緒です。

この場合ならアミノ酸シャンプーに使う育毛剤は天然成分を使用し脂分の少ない育毛剤を使用するべきです。少量でも毛穴奥深く浸透するTHE・SCALP5.0cは微細な水分が毛穴奥にある毛乳頭まで浸透、毛乳頭細胞へ刺激を与えてくれます。どの組み合わせが自分にあっているかは各シャンプーの処方箋や配合表を確認して調べるとよいでしょう。

一番大事なのは自分の薄毛はどのタイプに属していてどのくらい進行しているのかを客観的に知ることです。自分だけの判断に任せず専門医師の診察を受けるのも検討してみるのも良いでしょう。薄毛と思っていたら実がAGAだったというケースも多々ありますから判断に悩んだらすぐに次の予防対策に進んでください。

育毛剤に即効性はないと知ること

育毛剤の効果を勘違いしている人をたまに耳にすることがあります。曰く、育毛剤使用して2週間経過したのに全然髪の毛が生えてこないとか1ヶ月使用しても変化がないと嘆く人達のことですが、育毛剤の効果を実感できるようになるのは早い人で2ヶ月から3ヶ月継続して使用してる場合だそうです。

効果の出にくい人は更に数ヶ月、長い人だと1年は根気よく育毛剤を継続して使う場合もあります。早く効果を実感したいのはわかりますが薄毛のタイプや髪の毛の抜け方は千差万別で個人差があります。大事なことは途中の経過に一喜一憂せずに継続して使い続けることです。AGAに属する脱毛に関してはすでに医療では完治する確率のたかいものになっています、症状にあわせた薬の処方や治療法も確率されているので市販品育毛剤の効果が不安な人は専門医師の診断をうけ医療機関から処方される薬で完治を目指すのもよいでしょう。

   

 - 育毛種類