*

HOME

当サイトは薄毛に悩む人が薄毛の原因や改善、治療方法、正しいシャッンプーや育毛剤について知識を得るために運営されているサイトです。薄毛対策の第一歩はまず「生活習慣の改善」「正しいヘアケアー方法を学ぶ」「そして体に疲労をためないこと」です。

薄毛は遺伝や生活習慣の乱れ、不健康な生活によって起きやすい症状ですが、今では症状にあわせた解決方法が確率されつつあります、遺伝的な薄毛、若ハゲも早期治療により進行を抑えることも可能となっており、生活習慣の乱れが原因の薄毛は生活習慣を正すことで回復しやすく規則正しい生活で過ごすことが早期回復への第一歩となります。

当サイトでは薄毛の原因と解決方法を紹介するのはもちろんですが生活習慣の改善、普段何気なくしている行動が髪の毛にどう影響を与えているのか?についても解説しています。

髪の毛が薄くなる原因を知ろう

髪の毛が薄くなる原因は何なのか?当サイトでは髪の毛が薄くなりやすいタイプ普段の習慣が原因による薄毛発生についてなどの情報を紹介しています。薄毛になる原因には個人差があり千差万別ですが遺伝的な原因ではない後天性原因(本人の生活習慣の乱れ)の場合は決まったパターンがあり、それを解決することで薄毛、若ハゲを治療することが可能となります。

・睡眠時間が短い、不規則な起床時間

・喫煙者で食事も野菜より肉類の方が好き

と言った偏ったバランス生活の人は薄毛予備軍になる可能性が高く糖尿病に代表される生活習慣病に冒されるリスクも秘めています。また男性は中年期に突入すると皮脂が多く分泌されるようになり頭皮の皮脂も多くなります。この皮脂を放置していると皮脂性頭皮と呼ばれる脂ぎった状態になり髪の毛の成長を抑えてしまう原因になります。

皮脂性頭皮を取り除くには専用のシャンプーと育毛剤を使用した正しい頭皮ケアを知る必要があります。薄毛には薄毛専用のノンシリコンシャンプーを使用すると効果が高く、休止状態にある毛根を刺激するには即効性のある育毛剤を使用するなどシャンプーと育毛剤を組み合わせることで薄毛からの回復を図ることが可能となります。

頭皮を若返らせるためにはどんどん有効な投資をしていきたいというポジティブなアナタにオススメしたい→ 育毛剤ランキング

○はじめての育毛剤の選び方は?選び方3つのポイント
・厚生労働省認可の商品か?
・副作用の危険がある成分をなるべく避ける
・全額返金保証がある育毛剤はリスクゼロ

という観点から、ランキング形式で育毛剤を紹介しています。

男性特有の薄毛、若ハゲと喫煙者の場合

ヘビースモーカーの人は薄毛だけでなく健康面でもリスクが高いと言えます。タバコに含まれるニコチンが髪の毛にどう影響するかは、血管の圧縮が及ぼす髪の毛への影響を読んで頂けるとより理解できると思います。

男性特有の薄毛、若ハゲはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれていてAGAの特徴は生え際、頭頂部が薄くなる男性だけに起きる症状です。いわゆるM字ハゲと頂点ハゲ(カッパハゲとも言う)この男性型脱毛症の場合だと一般の育毛専用シャンプーだけでは改善するのが難しく専門医の診断を受け処方される治療薬を使い長期間の投薬が必要となっていきます。

AGAの特徴について

AGA(男性型脱毛症)の特徴は男性ホルモンと関係があり、男性ホルモンと薄毛原因となるジヒドロテストステロンに変化することで症状として現れます。薄毛の原因ここまでわかっているのですが治療については個人差があり同じ症状でも回復度には違いがあります。しかし、解決方法として男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変わるのを防げば薄毛は解消されるわけですがジヒドロテストステロンを防ぐためには皮脂腺から分泌される5αリダクターゼという酵素の一種をどうにかしないといけません。

5αリダクターゼという成分が男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変化させてしまう作用をもっている、この5αリダクターゼを防ぐにはどうすれば良いのか?というのが育毛剤、専用シャンプーを開発している研究機関、共通の課題となっています。

AGAをどう抑えるか?

AGA発症の原因となる5αリダクターゼをどう抑えるのか?

薄毛、若ハゲの原因となる5αリダクターゼの治療には専門医の診断が欠かせないのですが、食事から摂る栄養素の中にも5αリダクターゼの活動を抑える事のできるものがあります。

亜鉛、ノコギリヤシエキス

このふたつには5αリダクターゼを抑える働きがあり普段から食物やサプリメントで摂取することのがおすすめです。亜鉛には滋養強壮としての働きもあり疲労回復や精力回復にも効果が期待できるので体力の衰えがちな中年期の男性は積極的に摂取するとよいでしょう。亜鉛が不足しているとどうなるのか?

亜鉛はタンパク質を髪の毛に変える栄養素、亜鉛が少ないということは髪の毛を作る栄養素が少ないということです。また加齢と共に男性の勃起力は衰えるのですが、若い年代で勃起力が衰える原因のひとつも亜鉛不足が挙げられています。性欲の話が続き恐縮ですが亜鉛は性的な興奮や欲情など脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンにも影響を与えるのですが亜鉛が少ないと当然、刺激も少なく勃起しにくい体質となってしまいます。

 

公開日:
最終更新日:2016/08/22